ここは小宮愛子個人ブログです。日々思いつくまま記録しています。 司法書士行政書士事務所サイトはこちらから

5年ぶりにスマホの機種変更をしました。ネット注文して、SIMはeSIMにしました。

 

eSIMのダウンロードなるものも初めて経験しました。意外に簡単でした。

 

この5年もの間に、
バッテリー容量は、3200mAh →5,000mAh
外部メモリ推奨最大容量は、512GB →1.5TB
内蔵メモリ容量(RAM)は、4G →12GB
内蔵メモリ容量(ROM)は、64G →256GB
生体認証は、スマホバック →電源ボタン しかも複数の指が登録可能に!

 

古いスマホは、充電も1日持たず、しかも、いざ、というときにフリーズして困っていました。
お客様のところで、ささっと記録のためにスマホカメラを使おうとしてフリーズ
動画撮影中にエラーが発生して、結果、撮影されていなかった、ってな事態も発生するようになり、
電話をかけよとしても、数秒フリーズ、これはかなりのストレスでした。

 

新機種に買い替えた現在は、充電の心配なし、フリーズなし、撮影エラーなし
値段はすごく高かったけど、私はヘビーユーザーなので、奮発してよかったと思います。

 

ただ・・・・唯一の悩みは・・・通知ランプ機能の廃止

 

通知ランプ機能の廃止の理由は理解ができるのですが、なかなか慣れません。

 

ラインやメールの通知ランプの点滅継続機能の廃止、これは我慢ができるのですが

 

私が困っているのは、電話の着信通知ランプ。

 

これまでは不在着信があれば、たとえそれが5時間前の着信であっても、私がそれを確知するまでスマホの通知ランプがついているので助かりました。

 

でも、その通知ランプ機能が廃止された現在、
不在着信が何件あろうが、私のスマホは、真っ暗なスリープ状態のまま。
もちろん、着信時には、スマホはスリープ状態から一度復帰して、ライト点滅したり通知バーでの表示をするけれど、その数分の間に私が気づかなければ、スマホは何事もなかったかのように、またスリープ状態に戻り、変化がみえません。
では、スリープ状態を止めるのか・・・?それこそ電池の消耗、スマホ自体に負荷がかかってしまいます。そもそもスマホの機能で、画面消灯までの時間は最大10分となっていて、それ以上の設定はできません。

 

 ということは、しばらくスマホと離れた時間が続いたときは、いちいちスマホをタップして通知バーが残っているかを確認する、ということになります。
デジタルデトックスが語られるようになった現在、通知ランプ廃止はメリットにもなるのでしょうが・・・慣れるまでに時間がかかります。
2024.06.23

 

トップへ戻る